三浦日記

音楽ライターの三浦智文が、日記のようにつらつらと書いていくブログ

パラレル・ラブ / 井上陽水奥田民生

2007年に井上陽水奥田民生がリリースした彼らの2枚目のアルバム、『ダブルドライブ』に収録されている曲。

 

「井上陽水奥田民生」の異色ともいえるユニットが生まれた経緯というのは、奥田がプロデュースしている、PUFFYでの共作がきっかけである。どちらか一方が作詞作曲を担当するのではなく、両者が一緒になって曲と詞を作り上げるスタイルをとっている。そのせいか、井上が作ったと思えば彼の曲に聴こえてしまうし、奥田が作ったと思えば彼の曲にも聴こえてしまうという現象が起こる。

 

また、ストリートミュージシャンのユニットみたいに一心共同体に溶け合ったハーモニーはそこにはなく、両者のこれまでのキャリアを背負ったその存在感によってハーモニーは到底溶け合っているとは言えない。それでもツインタワーのようにそびえたつ両者の存在感は美しく溶け合ったハーモニーに匹敵してしまうという暴力的な強さを持つ。このユニットは何というか、癖のある獣肉と香草が合わさったみたいに、ガツンと来る料理のような感じだ。でもその後味は癖の強い香草によって臭みは消され、肉の旨味だけが残るといった具合である。

 

「パラレル・ラブ」もそんな不思議な相乗効果が垣間見える。音には奥田の代名詞と言っていいレスポール特有の野太いサウンド、そして歌詞には井上の独特な世界観が色濃く出ている。奥田はそんな脈略のない歌詞(決して悪い意味ではない…)を歌うはずがないし、井上だってあんな重厚なレスポールサウンドに乗せて歌うはずもない。でもこの曲ではそれが現実に起こっているんだから本当に面白い。

 

そんな彼らの音楽のルーツの一つにはThe Beatlesがある。やっぱり根底というか、その人の心棒みたいなものが共通しているわけだから、活躍するジャンルは違っていても、ハーモニーが溶け合わなくても、このユニットはそれ以上の共通点やシンパシーでうまい具合にバランスが取れてしまっているのかもしれない。やっぱり何度聴いても不思議なユニットだ。【ほぼ日刊三浦レコード1】

 

f:id:xxxtomo1128xxx:20171215165653j:plain