三浦日記

音楽ライターの三浦智文が、日記のようにつらつらと書いていくブログ

強風と後悔の球場で―SUMMER SONIC 2019 に行ってきた その1

 SUMMER SONIC 2019の1日目に行ってきた。台風10号の影響とマリンスタジアム特有の浜風の相乗効果によって、この日の会場はとんでもないくらいに風が強かった。割と冗談抜きに、外野フライがキャッチャーフライになるくらいの風じゃなかったかと思う。午前中から基本的にマリンステージのスタンド席(3塁側のホームベース寄り)に居座って強風の脅威にさらされながらだらだらと観ていた。当たり前のようだけど、普段は野球場として使われている場所が、巨大な音楽のステージに変わってしまうんだからすごいなと思った。だって、観客が盛り上がっている場所のシート一枚剥がしてしまえば芝のグラウンドがあって、数日前まではそこで試合をやっていたんですよ、すごくないですか(すごくない、か…)。

 

 ロビーに出ると、大きな白いボードが目に入った。どうやら千葉ロッテマリーンズが遺した産物のようである。中央にはスローガンと思われる"マウエ↑"というコピーが書かれていて、その空白を埋めるように選手たちのサインやファンのメッセージがぎっしりと書かれている。ただ、だれもそれに目を止める人はいない、それどころかそれが存在しないかのように皆通り過ぎて行ってしまうのである。ここは果たして本当に野球場なのか。千葉ロッテマリーンズ、あるいは野球というスポーツはまるっきり幻想なのではないか、たちまち恐ろしい感情になってうなだれていると、センターバックスクリーンの方からWANIMAのはつらつとした歌声が聞こえてきた。

 

f:id:xxxtomo1128xxx:20190821035948j:plain

 

 今でも後悔していることといえば、そのあたりでSONIC STAGEのSam FenderとPale Wavesを観に行けばよかったということだ。いきなり後悔の話になってしまったが、ちょうどその時間のマリンステージは[Alexandros]、WANIMA、YUKIと続いていた。まあ、彼らのライブもなかなか観る機会がないだろうし、移動時間を考えるとなぁと思い、とりあえずという感じで観ていた。当時の自分に言いたい、そもそもサマソニって海外のアーティストを観に行く絶好のチャンスじゃないか…。なぜ、SONIC STAGEの彼らを観に行かない。なにが「どうもこんにちは、剛力彩芽で~す!!」だ(WANIMAのMC)。しかも室内で、風も吹かない快適な空間のはずじゃないか。どうして俺は強風に吹かれて「下ネタ言います!! セックス!!」(WANIMAのMC)という発言に苦笑していなければいけないのだろうか。家に帰ってYouTubeの再放送でSamとPale Wavesのパフォーマンスを観て後悔し、今こうして書いていてまたまた後悔している。その続きを書く気力もない。

 

f:id:xxxtomo1128xxx:20190821014458j:plain