三浦日記

音楽ライターの三浦智文が、日記のようにつらつらと書いていくブログ

やっぱりバンドっていいな

 ここ数年、世界的にR&Bやラップが勃興し、ロックは明らかに下火になってきている。けれども…、けれどもバンドサウンドでジャーンとかき鳴らされる衝動というのはやっぱり最高だ。これは社会がどうなろうが、流行がどうなろうが、決してゆらぐことはない―。

 なぜそんなに熱いのか?さかのぼれば、中学校1年。父親から聴かせてもらったQueenに衝撃を受けてからというもの、筆者は“ロック”という混沌の中に入り込んでしまった。そして、hide(X JAPANのギタリスト)のプレイスタイルにあこがれて、先のとんがった厳つい形をしたギターまで買ったのだった―。

 それからかなりの月日がたって、大学1年の頃、音楽を聴くだけでは飽き足らなくなった筆者は、軽音サークルなるものに入ってバンドを始めた。軽音サークルの中にもいろいろな種類がある。少人数で特定のジャンルをコピーするものもあれば、大人数で、色々なジャンルの音楽をざっくばらんにコピーするものまで。ちなみに、筆者が入ったのは、後者の方。しかも、人数がびっくりするぐらいに多かった。そんなもんだから、イベントをやるとなると毎回、ちょっとした“フェス”ぐらいのラインナップと、ボリュームになる。ジャンルのふり幅もすごくて、最高にハードコアなバンドをやったかと思えば、その次には、今を時めく中高生向けのさわやかなバンドをやったり。

 当然、音楽の趣味が全然合わない人間が1つの場所に集まることになってしまうのだが、そんなカオスな空間の中で奏でられる音楽というのは、好きなもの同士で集まって聴くときより、ある意味でひとしおに良い時もある。何とかして、このバンドを知らない人に届けようという思い、あるいは、こんなジャンルには負けない音楽を俺たちはやっているんだ、という反骨心のある思いをバチバチに感じられたのは、中々おもしろかった。

 そんなサークルの中で、4年間も居座って、好きな音楽を好きなだけやらせてもらえた。最後は、自分が一番好きなバンド。バンドで合わせたとき、メンバー全員が一体になった瞬間の気持ちよさ。練りに練ったセットリストが、いい手応えで観客に届いたときの達成感。そして、本番の緊張感から解き放たれた瞬間の脱力感―。「ああ、自分が追っかけているアーティストも、こんな体験をしているのかな」なんていう追体験が、最後の最後にちょっとだけ出来た気がした。

 人数が多くて、聴いている音楽も人それぞれな軽音サークル。けれども、誰からも伝わってきたのは、みんな音楽が大好きだということ。全然聴いたことのないバンドでも、演者の熱意に押されて聴いてみたくなる感覚—。そもそも音楽が嫌いだったら、演奏なんてしようとも思わないだろうし。しかもよくよく考えてみれば、どんなジャンルであれ、みんな“バンド”をやっているじゃん、っていう。いやはや、まだまだバンドは捨てたもんじゃないな。やっぱりバンドっていいな。そんなことを最後に思ってしまったのでした。

 いままで関わってくださった、全方位の方々に感謝いたします。あざした!!