三浦日記

音楽ライターの三浦智文が、日記のようにつらつらと書いていくブログ

METROCK 2018 東京1日目 ライブレポート (トリプルファイヤー編)

"NEW BEAT SQUARE"でトップバッターを務めたトリプルファイヤ―。ボーカル吉田靖直の、ラッパー呂布カルマとのMCバトルや『タモリ倶楽部』へのテレビ出演で、彼らの"知名度"は徐々に上がってきていた。しかしながら、その"知名度"というのはあくまでも"コア"で"アングラ"な層による知名度である。対決したり、出演したりしたもののクセがあまりにも強すぎた―。

 

1日目、"WINDMILL FIELD"トップバッターを飾ったKEYTALKの出番が終わり、出たり入ったりで会場内はごった返していた。次に観るのはほぼ同時間帯で被ったMY FIRST STORYかそれともトリプルファイヤ―か。少なくとも普通の人、特に青春真っただ中の若者だったら前者を選ぶのが健全である。ライブ直前、NEW BEAT SQUAREを見渡してみる。会場はまさに"ぼちぼち"というにふさわしい感じで埋まっていた。良かった、安心した。もしもこれが逆だったら日本の将来はいよいよ危ない―。

 

そんなぼちぼちの会場内で1曲目に演奏されたのは「面白いパーティー」。最高にクールでグルービーな楽器隊の演奏に、なよなよとした吉田の歌声と独特な世界観の詞が乗せられる。とんでもないアンバランスさ。観客たちはどんな反応をしていいのか分からず、思わず困惑の表情をうかがわせていた。そしてそのまま「Jimi Hendrix Experience」へ。彼の歌はお世辞にもうまいとは言えない。でも、盤石のグルーブの縁から落っこちそうになりながらも、何とか指先だけで掴んでいるような感じの歌いっぷりは不思議な"中毒性"があった。彼の醸し出す独特な"中毒性"に誘われるようにして会場内には人がどんどん増えてくる。

 

今回のセットリストで唯一の1stアルバム『エキサイティングフラッシュ』からの曲は「次やったら殴る」。向井秀徳率いるZAZEN BOYSから"殺気"や"迫力"を一切取り除き、"情けなさ"と"カッコ悪さ"を付け加えたようなような感じの楽曲(褒め言葉)に、会場内では時より笑いが起こっていた―。

 

MC、吉田は「じょじょに、人が入ってきています。最後には、すごいことになると思うんで、よろしくー」と力の抜けた意気込みを観客に伝え披露されたのは「人生を変える言葉」。〈未来はまだ 終わってない 未来はまだ 輝いている〉と、メッセージ性が滲み出るような詞が歌われている。しかしながら強いことを言っているはずなのに不思議と強さは微塵も感じられない、とことん弱いのだ(褒め言葉)。曲が終了すると、海風に乗ってMY FIRST STORYのエネルギッシュで力強い曲が、隣の"SEASIDE PARK"から聴こえてきた―。これほどまでに哀愁を感じることはあっただろうか。

 

「メトロックぽくないんじゃないかなって思ったけど、来てくれてありがとう!」と嬉しそうに喜ぶ吉田を観て、何だかこちらも嬉しくなってきた。"やってきましょー"、"いえー"、"いけるっしょー"と情けない感じに客を煽ったところで「カモン」、そして最終曲の「スキルアップ」と続く。この辺になると会場はトリプルファイヤ―の世界に引き込まれていた―。

 

奇妙奇天烈な曲の数々で散々に観客を困惑させ、笑わせた後、彼らが残していったのはゆるさを纏ったハートウォーミングな雰囲気だった。今年のメトロックにおいて最もカオスな空間であった事は間違いない。【ほぼ日刊三浦レコード55】

セットリスト

01. 面白いパーティー (from『スキルアップ』)
02. Jimi Hendrix Experience (from『スキルアップ』)
03. 次やったら殴る (from『エキサイティングフラッシュ』)
04. 人生を変える言葉 (from『FIRE』)
05. 野球選手になるために (from『FIRE』)
06. カモン (from『スキルアップ』)
07. スキルアップ (from『スキルアップ』)


f:id:xxxtomo1128xxx:20180527192925j:plain

 

www.youtube.com