三浦日記

音楽ライターの三浦智文が、日記のようにつらつらと書いていくブログ

2018-11-30から1日間の記事一覧

"随筆"や"日記"のような、軽やかさ―カネコアヤノの『祝祭』レビュー

空飛ぶ絨毯の“絨毯”が、“畳”になって飛んでいる感じ―。 いつだったか、スピッツの草野マサムネが、カネコアヤノが創り出す音楽をこんな風に表現していた。何とも的を射ているなと思った。古い木造の文化住宅の畳部屋に、1人の女の子が座ってくつろいでいる。…

真っ向勝負の先に見えた、新しい二重唱(デュエット)の在り方―椎名林檎と宮本浩次の「獣ゆく細道」レビュー

二〇一八年、平成から新年号に移り変わる潮目に、椎名林檎たっての希望で叶えられた、宮本浩次の"客演"。だが、これは決して"客演"なんかではない。三十年もの間、これまで共に戦ってきた仲間を残し、一人佇む齢五〇過ぎの男が、不惑の余裕をにじませた策士…